CPU実験室

誰も見向きもしない古いCPUをいじって動かしてみようというプロジェクトです

486

部品レイアウト

486

主要な部品を仮に基板上にレイアウトしてみました。基板サイズは安価にできる100×100mmはさすがに無理なので100×150mmでやってみます。 基板の左側半分弱を占める巨大な水色の四角はPentiumプロセッサ、本体だけでも約55×55mmありますが専用ZIFソケットがレ…

バスサイジング

486

Pentium(tm)プロセッサのマニュアルをつらつら読んでいたのですが ちょっとまずいところが見えてきました。 前からうすうす気づいてはいたのですがPentiumプロセッサはデータバスのダイナミックバスサイジングをサポートしないようです これはつまりデータバ…

新プロジェクト検討

486

トランスピュータボードの製作でネックになったのが意外にもICソケット(84ピンPGA)だったわけで、レトロCPUをいじるときそれが特殊パッケージだったりすると要注意です。思うに古い機器を廃棄するときソケットに実装されているICは回収されてリサイクルさ…